イビサクリームとアットベリーってどっちがいいのかな???

どっちを買おうか迷っている方も多いのではないでしょうか。

どちらの商品もデリケートゾーンや脇などの黒ずみやくすみに働きかけ、肌を白くする(メラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを防ぐこと)というのが目的なので基本的には同じ効果を期待できる商品といえますね。

でも、価格や内容量や定期購入の内容など細かい部分が違ってくるので、比較してまとめてみました。

購入前の参考にしてみて下さいね。

イビサクリームとアットベリーを成分で比較!

イビサクリームもアットベリーも黒ずみやくすみを白くするという美白がキーワードなので、肌が白くなる効果が期待できる成分が配合されています。

比較内容 イビサクリーム アットベリー
美白成分 トラネキサム酸
(医薬部外品:美白・消炎効果)

グリチルリチン酸
グリチルリチン酸ジカリウム
水溶性プラセンタエキス
保湿成分 ヒアルロン酸ナトリウム(2)
シロキクラゲ多糖体
乳酸ナトリウム液
ローズ水
ブチレングリコール
1,2-ペンタンジオール
グリセリン
1,2-ヘキサンジオール
セラミド
コラーゲン
ヒアルロン酸
エラスチン
トレハロース
アラントイン
植物成分 サクラ葉抽出液
カモミラエキス
ダイズエキス
オウゴンエキス
アロエエキス
シャクヤクエキス
人参エキス
クララエキス
ワレモコウエキス
桑エキス

イビサクリームに配合されているトラネキサム酸は美白有効成分として医薬部外品(作用が穏やかに働き、効能や効果が期待できる成分のこと)に登録されています。

ただしイビサクリームもアットベリーも黒ずみを白くすることを目的として作られている製品なので、使用している成分を比較してもしょうがない部分もありますね。

口コミなどをみるかぎりでは、どちらにも美白の効果は期待できるといえますよ。

無添加成分を比較

イビサクリームもアットベリーもデリケートゾーンなどの刺激に弱い部分に使う物なので、刺激の強い成分は使用していません。

比較内容 イビサクリーム アットベリー
無添加成分 合成香料
着色料
鉱物油
アルコール
パラベン
着色料
鉱物油
アルコール
パラベン
シリコン
石油系界面活性剤
紫外線吸収剤

アットベリーの方が添加していない項目の数が多いので、敏感肌の方や肌が弱いという方はアットベリーの方がいいですね。

イビサクリームとアットベリーを値段と内容量で比較!

比較項目 イビサクリーム アットベリー
内容量 35グラム 60グラム
単品価格 7,560円+送料360円
計7,920円
7,344円+送料702円
計8,046円
定期コース初回価格 5,367円(コンビニ払い)
4,827円(カード決済)
3,218円
定期コース2回目 5,378円 5,875円
定期コース3回目 4,536円 5,654円
2回継続の場合 5,103円/月 4,547円/月
3回継続の場合 4,913円/月 4,915円/月
6回継続の場合 4,724円/月 5,251円/月
12回継続の場合 4,252円/月 5,273円/月

内容量はアットベリーの方がイビサクリームの約2倍弱入っていますが、どちらも1個で1ヶ月~1ヶ月半程度使える量と説明されています。

一度に同じ量を塗るとしたらアットベリーの方が内容量が多いので、量的にみるとアットべりーがお得ですね。

値段で比較してみたところ、定期コースで2か月だけ使ってみる場合はアットベリーの方が安くなります。

しかし1年間使う場合で計算してみると、イビサクリームの方が1ヶ月あたり千円も違ってくるのでこの差は結構ありますね。

黒ずみなどは肌の新陳代謝のことを考えると長期的に継続して使用することが大切なので、長く使うならイビサクリームの方がお得ですね。

イビサクリームとアットベリーの定期購入を比較!

比較項目 イビサクリーム アットベリー
最低継続回数 2回 2回
返金保証 28日間 180日間

イビサクリームもアットベリーも定期購入をした場合、最低継続回数は2回となっています。

2回目が届いたら解約できるシステムなので、長期間購入しなければならないというわけではないので、どちらも定期購入しやすいといえますね。

お肌に合わなかったという方のために、どちらの商品にも返金保証がついているのですが、返金対象は初回分のみとなっています。

イビサクリームは28日以内の電話連絡となっているので、お肌に合わないと気づいたらすぐに連絡する必要がありますね。

その点、アットベリーは返金保証期間が長いのでじっくりと使ってみることもできます。ただし初回分のみということをお忘れなく。

イビサクリームとアットベリーの比較まとめ

両製品を単純に内容量と値段だけで比べると、3回購入までは1ヶ月あたりの金額は同じなので、内容量が多いアットベリーがお得といえますね。

ただし、長期で続ければ続けるほど、価格的にはイビサクリームの方がお得になります。

もし、2つの製品で迷っているなら、3ヶ月はアットベリーを使ってみて、効果があればそのまま継続でいいですし、アットベリーで効果を感じられなかったり肌に合わなかった場合は、イビサクリームにしてみるという買い方がおすすめです。